Pocket

 

はじめまして。
人財育成パートナーの三輪貴哉です。

私は、参謀役として経営者をサポートしています。

特に「人財育成」に注力し、どうすれば社員が辞めずに定着するのかを経営者と一緒に考えながら実務を通じてノウハウを蓄積してきました。

私がこの仕事を始めてから10年以上になります。これまでに100件以上の一般企業、医療・福祉施設を支援してきました。相談内容の多くは、「人材に関する悩み」です。

この「人材に関する悩み」は、どんな会社であっても一つや二つ存在し、どうすれば解決できるのか、日々苦しんでみえます。

これまでに経営者と二人三脚で、人財育成に取り組んできたところは、今はとても充実しており、そこで働く社員は活き活きしており、会社そのものもどんどん成長しています。

想像してみてください。

今いる社員が退職することなく、安定的に定着し、活き活きと働いている姿を。

人財育成には、社長、そして社員自身が身に付けなければいけない考え方があります。

そして、社員が定着し、活き活きと働いている会社には、ある共通する特徴がありました。

その共通点は、「社員の幸せ」です。

人が最高のモチベーションを発揮する原点は、そこに「幸せ」があるからです。

つまり、「社員の幸せ」を考えることが最も大事だと私は気づきました。

「そんなことは分かっている!」とお叱りを受けるかもしれません。

しかし、どれだけの方が「社員の幸せ」を思って育成しているのか?また、社員自身もそれを感じているか?

恐らく、思っててもなかなか行動に移せていない。
あるいは、伝え切れていないことが多いのではないでしょうか。

まさに、ここがターニングポイントなんです。

これからの時代、労働人口は急激に減少し、企業数に対して、働く人の数が足らなくなることは目に見えている事実です。

となれば、社員の採用もますます激化することは確実です。すでにその風潮が現れてきました。

だからこそ、今いる社員にしっかりと目を向け、人財育成に注力していく必要があるのです。

一人で悩み続けるのではなく、人財育成の考え方を身に付け、社員が安定的に定着し、活き活きと働く組織づくりを実現してください。

心より応援いたします。